電話

形成外科・美容外科

2020年1月9日更新

ブレスト・インプラントによる乳房再建術を受けた患者さんへのお知らせ

アラガン社のエキスパンダー、インプラント出荷停止に関する学会からのお知らせ(2019.8)

ご挨拶

形成外科をうまく利用する
  文責 埼玉医科大学総合医療センター
  形成外科・美容外科 三鍋俊春

形成外科は、まず顔、そして全身の皮膚・皮下組織の病気を、外科手術により治療する医学分野(基本診療科)です。残念ながら埼玉県では人口730万人の割に当科のある病院・診療所数や認知度は十分とは言えません。

ヒトを象徴する臓器と言える顔面では、おでこ、まぶた、耳介、外鼻、口唇などがいつも露出して脳、感覚、摂食を守っています。形成外科医は、これらの顔の重要構造物のみでなく、それを支える骨格・筋肉、神経・血管の知識も充分あります。また、新鮮なキズ(創傷)が治った後のキズアト(瘢痕)も顔の「形態と機能」を損ねることがあるので、キズの治り方にも精通して「きれいな見た目」(整容性)を目標にする唯一の専門科です。

顔の病気には、口唇裂、眼瞼下垂症、副耳・小耳症などの先天異常をはじめとして、ケガ・ヤケド、良性・悪性の腫瘍、顔面骨折、顔面神経麻痺、他科の術後の変形や欠損、そして眼瞼下垂やシミ・タルミといった加齢性の機能障害にも対応します。顔の治療技術は同じ露出部といえる手足の異常(多合趾症、皮膚潰瘍、外傷・腫瘍)にも応用しています。

当科の形成外科医は、植皮・皮弁やマイクロサージャリーという高度な診療技術をもって、乳房再建や四肢のリンパ浮腫の外科治療も行っています。これらは、埼玉県でも有数の症例数を誇っています。さらに高度な手術を補助する方法として陰圧閉鎖療法などの非手術的治療も導入されて、状態によって手術とそれ以外の治療を使い分けています。すなわち、患者さん本位の治療を優先する「Your Happiness is Our Happiness」を実践しています。

毎年5月5日はこどもの日すなわち「kidsの日」から「キズケアの日」として形成外科医が診療する記念日に制定されました。

当科の診療について

初診患者さんの受付時間は午前8時30分~午前11時です。
原則として紹介状が必要ですが、なくても構いません。
急患は診療時間外でも受け付けますが、必ず来院する前に電話連絡をお願いします。
午前9時~午後5時:形成外科外来(049-228-3636)
午後5時~午前9時:
夜間・休日急患受付(049-228-3594)電話による問い合わせは、できるだけ午後にお願いいたします。

【専門・特殊外来】

まぶた外来(第1、3、5週金曜日午後)、乳房再建・形成外来(水曜日午後)、リンパ浮腫外来(水曜日午後、第2、4週金曜日午後)の専門外来を予約制で行っております(形成外科外来までお問い合わせください)。

【診療内容】

当院ではオールラウンドに形成外科全般の治療を行っています。

外傷
当院は、全国でも上位に入る高度救命救急センターが併設されているため、重症熱傷、顔面外傷、手指の切断などの外傷症例が多く、特に顔面外傷(鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩骨折、上顎骨折、顔面多発骨折)が多いです。
リンパ浮腫
リンパ浮腫に対してリンパ管細静脈吻合術を専門の医師により施行しています。リンパ浮腫療法士との連携により総合的治療を行っており、術後は集中排液プログラムによりリハビリとも連携しながら集学的治療を行って手術との相乗効果を狙っています。
乳房再建
乳癌術後の乳房再建においては患者さんの希望・状況に応じてシリコンインプラント、自家組織再建とも偏りなく行っています。また、ブレストケア科との連携により乳癌と同時に組織拡張器を挿入する一次再建にも力を入れています。
眼瞼下垂症
加齢とともにまぶたを吊り上げる筋肉が緩むことによって眼瞼下垂が生じます。頭痛、肩こり、眼精疲労の原因になることも多いといわれています。眼瞼下垂症手術によってその症状が改善することが知られています。
小児の先天奇形
唇顎口蓋裂、手指足趾の先天異常、耳、臍、その他のさまざまな部位の先天異常を取り扱っています。
内視鏡手術
脂肪腫は頻度の高い疾患です。当院では小切開からの内視鏡的アプローチによる摘出も行っており整容的な満足度は高いです。
美容外科
当科は大学病院として正式に「美容外科」を標榜し、眼瞼、鼻、乳房、脂肪吸引・注入など、美容外科的手技を取り入れた手術を行っております。

対象疾患・対象となる症状

乳房
乳癌術後の乳房の欠損・変形、陥没乳頭、乳輪下膿瘍
リンパ浮腫
上肢・下肢のむくみ、だるさ、術後の上肢・下肢のむくみ
外傷
新鮮外傷:傷、挫創、打撲、顔面骨の骨折、変形、斜鼻、指の切断、やけど、火傷、瘢痕拘縮
瘢痕・ケロイド
外傷などによる瘢痕・ケロイド、瘢痕拘縮、創の赤み、創の痛み
先天異常
生まれつきの変形、口唇口蓋裂、耳介の先天異常、頭蓋顔面の異常、多指症、多趾症、臍の突出
難治性潰瘍
治りにくい傷
皮膚軟部組織腫瘍
母斑、ほくろ、皮下腫瘤、粉瘤、脂肪腫などの良性腫瘍、しこり
皮膚悪性腫瘍
皮膚癌などの切除および再建
頭頚部腫瘍
顔面や頚部の腫瘍、耳下腺腫瘍など
美容外科
まぶたの下垂、乳房美容手術(豊胸、縮小術、固定術)など

診療実績

新患者数 1077人 入院患者数 437人
2017年 手術 総数 683例
疾患名 症例数
外傷 229例
腫瘍 236例
先天性異常 41例
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 24例
難治性潰瘍 53例
炎症・変性疾患 46例
美容手術 47例
その他 1例
レーザー治療  6例

診療スタッフ

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
三鍋 俊春
(みなべ としはる)
教授 診療部長 形成外科・美容外科全般
乳房再建
皮弁
日本形成外科学会専門医
同皮膚腫瘍外科指導専門医
小児形成外科分野指導医
大西 文夫
(おおにし ふみお)
講師 教育主任
外来医長
形成外科一般
マイクロサージェエリー
 リンパ浮腫
 再建外科
小児先天奇形
日本形成外科学会専門医
小児形成外科分野指導医
山川 知巳
(やまかわ ともみ)
助教 医局長 形成外科一般
乳房再建
日本形成外科学会専門医
小児形成外科分野指導医
繼 渉
(つぐ わたる)
助教 病棟医長 形成外科一般
マイクロサージェエリー
創傷外科
日本形成外科学会専門医
中島 由佳理
(なかじま ゆかり)
助教 形成外科一般
鈴木 愛弓
(すずき あゆみ)
助教 形成外科一般
乳房再建
澤口 悠
(さわぐち はるか)
助教 形成外科一般
創傷外科
外傷
菊地 陽
(きくち あきら)
助教 形成外科一般
屋宜 佑利香
(やぎ ゆりか)
助教 形成外科一般
木山 麻衣子
(きやま まいこ)
助教 形成外科一般
二宮 裕
(にのみや ゆう)
助教 形成外科一般
小泉 沙織
(こいずみ さおり)
助教 形成外科一般
樋野 忠司
(ひの ただし)
非常勤講師 形成外科一般
眼瞼下垂
日本形成外科学会専門医
荻島 信也
(おぎしま しんや)
非常勤講師 顔の形成外科
リンパ浮腫
形成外科一般
日本形成外科学会専門医

外来担当医表

形成外科・美容外科
  月曜日
Monday
火曜日
Tuesday
水曜日
Wednesday
木曜日
Thursday
金曜日
Friday
土曜日
Saturday
午前

初診
山川 知巳
(Yamakawa Tomomi)
初診
三鍋 俊春
(Minabe Toshiharu)
初診
大西 文夫
(Onishi Fumio)
(第3週のみ)
継 渉
(Tsugu Wataru)
初診
澤口 悠
(Sawaguchi Haruka)
初診
継 渉
(Tsugu Wataru)
交替制




初診
田中 俊一
(Tanaka Shunichi)


午後

再診
山川 知巳
(Yamakawa Tomomi)
再診
交替制
リンパ浮腫外来
(予約制)
大西 文夫
(Onishi Fumio)
継 渉
(Tsugu Wataru)
再診
澤口 悠
(Sawaguchi Haruka)
眼瞼下垂・
まぶたの外来
(第1.3.5週)
樋野 忠司
(Hino Tadashi)




乳房再建・
形成外来
(予約制)
三鍋 俊春
(Minabe Toshiharu)
山川 知巳
(Yamakawa Tomomi)
木山 麻衣子
(Kiyama Maiko)
再診
田中 俊一
(Tanaka Shunichi)
リンパ浮腫外来
(予約制)
(第1.3週)
継 渉
(Tsugu Wataru)
(第2.4週)
大西 文夫
(Onishi Fumio)




再診
大西 文夫
(Onishi Fumio)
継 渉
(Tsugu Wataru)

再診
牧野 潤
(Makino Jun)

医療機関の方へ

医療関係の方へ

午前9時~午後5時:形成外科外来(049-228-3636)
午後5時~午前9時:
夜間・休日急患受付(049-228-3594)
電話による問い合わせよろしくお願いいたします。

後期研修医(専攻医)募集のお知らせ

当科は新専門研修プログラムの基幹施設となっています。専門医取得に必要な形成外科疾患をオールラウンドに研修することができます。また他の大学病院や小児病院、地域病院など9つの施設と連携することにより、研修の選択肢が広がります。詳しくは「埼玉医科大学総合医療センター臨床研修センターホームページ(シニアレジデント研修プログラム)」別ウィンドウで開きますをご覧ください。

連絡先:埼玉医科大学総合医療センター 臨床研修センター
TEL / FAX:049-228-3802
e-mail:kensi@saitama-med.ac.jp
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科face book別ウィンドウで開きます

埼玉医科大学バナー 埼玉医科大学看護学校バナー