電話

2019年6月6日更新

ご挨拶

2018年4月より前任の田村教授から小児科の運営責任者を引き継いだ森脇浩一と申します。

当科の特徴としては、日本一の規模を誇るNICU、まだ希少な小児救命救急センター(PICU)、在宅医療にも取り組む一般小児部門、NICU・PICUと共に重症な心疾患を診る小児循環器部門、医療型障害児入所施設のカルガモの家と、非常に多岐にわたる臨床部門があるということです。

田村教授が着任以来、拡充してきた各部門を引き継ぐに当たり、身の引き締まる思いです。医局員も増え、各部門で頑張っておりますが、業務内容が多岐にわたって連携が難しくなり、患者様に十分な対応ができていない部分があるのではないかと危惧しております。今後の抱負としてはスタッフ一同思いやりの心を持って対応することに努めたいと思います。また、他の職種、他の機関とも連携を取りながら協働で医療にあたっていき、この部門をさらに発展させたいと考えています。

まだまだ至らぬ点が多いと思いますが、患者様及びご家族におかれましてはお気付きの点がありましたら、ぜひご指摘いただければと思います。よろしくお願い申し上げます。

当科の診療について

当科は、一般小児科部門・新生児部門・小児循環器部門から構成され、多彩な小児疾患全体の窓口として、一般小児科診療に加え以下の専門外来にも力を入れております。

  • 神経外来(高田講師、奈倉講師、水田助教)
  • 発達外来(田村教授、側島教授、加部教授、高田講師、奈倉講師、斎藤医師)
  • 内分泌外来(荒川講師、谷川助教)
  • 血液外来(森脇教授)
  • 免疫/リウマチ外来(田中講師、山崎(崇)非常勤講師、山崎(和)非常勤講師)
  • 腎疾患外来(漆原助教)
  • 循環器外来(増谷准教授、石戸講師、岩本講師)

一般小児科部門

  • 外来診療の受付は、日曜・祝祭日を除く月曜から土曜日、午前8:30~11:00です。午後は再診のみで完全予約制です。前医からのご紹介の際には紹介状の持参をお願いいたします。
  • 緊急の場合は外来診療時間外でもご受診頂けますが、受診前には必ず電話連絡をお願いいたします。
  • 一般小児科診療は本館1階の小児科外来、 発達・乳幼児健診・育児相談・ハイリスク児フォロ-アップ・予防接種は総合周産期母子医療センタ-2階の新生児科外来で行っております。 お間違いの無いようにご注意下さい。
  • 初診時は診療をスムーズに進めるため、母子手帳や学校の健康手帳など発育・発達の記録をご持参下さい。
  • 入院が必要な病状にもかかわらず当科が満床の場合、他の受け入れ先を紹介したり転院搬送する等の対応をする場合があります。
  • 当科では病気の時こそご家族の存在が重要であるとのポリシ-から、乳幼児の場合、可能な限り付き添いをお勧めしております。

新生児部門

  • 外来診療は総合周産期母子医療センター2階の新生児科発達外来にて行います。
    受付は午前が8:30~11:30、午後は1:00~3:30で完全予約制です。
  • 紹介患者さんについても事前に予約をしていただくようお願いしております。
  • 他の病院で診療を受けた方は必ず紹介状のご持参をお願いします。
  • 予約当日に風邪や下痢などの急性疾患を発病している場合、ほかのお子さんへの波及を防ぐために診療をお断りする場合があります。その場合には小児科外来を受診していただき、再度予約をお願いします。

小児循環器部門

  • 外来診療は総合周産期母子医療センター2階の新生児科発達外来にて行います。
    基本的には予約制ですが、初診患者様も随時受け付けております(場合により診察の順番をお待ちいただきます)。初診の受付は曜日により異なりますので新生児外来にお問い合わせください。
  • 胎児心エコー(月曜午前/木曜午前)および小児心臓MRI検査(火曜午後/金曜午後)は完全予約制です。事前に新生児科外来にお電話をいただき、担当医にご相談ください。

小児科関連電話連絡先

  • 小児科外来(平日日中) :049-228-3616
  • 新生児科外来(平日日中):049-228-3717
  • 急患診療窓口(夜間休日):049-228-3717

対象疾患

神経疾患
熱性けいれん、てんかん(点頭てんかんを含む)、細菌性髄膜炎、急性脳炎/急性脳症、脊髄性筋萎縮症、顔面神経麻痺、神経性食思不振症など
内分泌疾患
糖尿病、成長ホルモン分泌不全性低身長症、バセドウ病、橋本病、クレチン症、尿崩症、副甲状腺疾患など
血液疾患・悪性腫瘍
急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、特発性血小板減少性紫斑病、血友病、ウィルムス腫瘍、脳腫瘍など
免疫/リウマチ性疾患
川崎病、若年性リウマチ、IgA血管炎、全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、大動脈炎症候群、線維筋痛症など
アレルギー疾患
気管支喘息、アトピー性皮膚炎など
腎疾患
ネフローゼ症候群、急性腎不全、尿路感染症、急性糸球体腎炎、多嚢胞性異形成腎など
循環器疾患
先天性心疾患、不整脈、川崎病後遺症、胎児心エコー、小児心臓MRIなど
呼吸器疾患
肺炎、細気管支炎、クループ症候群、慢性呼吸不全など
消化器疾患
ウィルス性胃腸炎、腸重積、虫垂炎、先天性肥厚性幽門狭窄、先天性胆道閉鎖、胃食道逆流、ヒルシュスプルング病など
 

診療実績

2018年 入院
入院総数1,250
疾患名症例数
肺炎 188
気管支喘息、喘息様気管支炎 87
細気管支炎、気管支炎 91
急性/慢性呼吸不全 36
急性胃腸炎 55
腸重積 7
虫垂炎 24
先天性肥厚性幽門狭窄 9
てんかん 62
熱性けいれん 47
急性脳炎/急性脳症 2
医療支援入院(重症心身障碍児) 102
低身長 15
糖尿病 10
甲状腺疾患 6
急性リンパ性白血病 6
特発性血小板減少性紫斑病 8
川崎病 87
X連鎖無ガンマグロブリン血症 9
若年性特発性関節炎 1
IgA血管炎 9
尿路感染症 40
ネフローゼ症候群 5
急性糸球体腎炎 5
多嚢胞性異形成腎 3
不整脈疾患 9
左心低形成 7
2018年 外来症例数
小児科(平日日中) 16,065
時間外/深夜/休日外来 5,692
小児循環器部門 2,367

診療スタッフ

一般小児部門

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
森脇 浩一
(もりわき こういち)
小児科スタッフ001
教授 運営責任者
診療部長
小児科学
小児血液・腫瘍学
小児科専門医
日本血液学会認定血液専門医
臨床研修指導医
OSCE認定評価者(胸部)
阪井 裕一
(さかい ひろかず)
小児科スタッフ002
教授 診療副部長
日本小児総合医療施設協議会担当
研究副主任
教育主任
小児科学
小児集中治療学 呼吸生理
小児科専門医
社会医学系指導医・専門医
麻酔科指導医・専門医
田村 正徳
(たむら まさのり)
小児科スタッフ003
特任教授 新生児医療
呼吸生理学
小児在宅医療
小児科専門医
小児科指導医
日本呼吸療法医学会専門医
社会医学系専門医協会社会医学系専門医
NCPRインストラクター
高田 栄子
(たかだ えいこ)
小児科スタッフ004
講師 外来医長 小児科学
小児神経学
発達障害
小児科専門医
小児神経専門医
社会医学系専門医
荒川 浩
(あらかわ ひろし)
小児科スタッフ005
講師 医局長 小児科学
小児内分泌学
小児科専門医
田中 理砂
(たなか りさ)
小児科スタッフ007
講師 病棟医長 小児感染症
小児膠原病
小児科専門医・指導医
インフェクションコントロールドクター
日本臨床免疫学会免疫療法認定医
奈倉 道明
(なぐら みちあき)
小児科スタッフ008
講師 研究副主任 小児神経学
小児在宅医療
社会医学
小児科専門医
社会医学専門医
奈須 康子
(なす やすこ)
小児科スタッフ020
講師 小児科学
小児神経学
在宅医療
水田 桂子
(みずた けいこ)
小児科スタッフ010
助教 摂食障害
発達障害
てんかん
小児科専門医
漆原 康子
(うるしはら やすこ)
小児科スタッフ011
助教 小児科学
小児腎臓病学
小児科専門医
布施至堂
(ふせ みちたか)
小児科スタッフ012
助教 教育副主任 小児科学
小児救急
小児科専門医
小牧 健
(こまき たけし)
小児科スタッフ013
助教 小児科学
小児腫瘍学
小児科専門医
谷川 祥陽
(たにかわ しょうよう)
小児科スタッフ014
助教 小児科学
小児内分泌学
小児科専門医
猪野 直美
(いの なおみ)
小児科スタッフ015
助教 小児科学
小児内分泌学
小児科専門医
百瀬 太一
(ももせ たいち)
小児科スタッフ016
助教 小児科学
小児アレルギー学
小児科専門医
小島 英雄
(こじま ひでお)
小児科スタッフ018
助教 小児科学 PALSプロバイダー
小澤 純一
(おざわ じゅんいち)
小児科スタッフ019
助教 小児科学 PALSプロバイダー
ACLSプロバイダー
林 亮
(はやし りょう)
小児科スタッフ019
助教 小児科学
関根 麻衣
(せきね まい)
小児科スタッフ019
助教 小児科学
山﨑 崇志
(やまざき たかし)
小児科スタッフ006
非常勤講師 小児免疫疾患
(膠原病・自己炎症疾患・免疫不全症・アレルギー疾患)
小児科専門医・指導医
リウマチ学会専門医
山﨑 和子
(やまざき かずこ)
小児科スタッフ009
非常勤講師 小児免疫疾患
臨床免疫学
小児科専門医
リウマチ学会専門医
小児リウマチ学会専門医
星野 恭子
(ほしの きょうこ)
小児科スタッフ021
非常勤講師 小児科学
小児神経学
斎藤 孝美
(さいとう たかみ)
小児科スタッフ022
非常勤医師 新生児栄養
フォローアップ
小児科専門医
PALSプロバイダー

新生児部門

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
加部 一彦
(かべ かずひこ)
小児科スタッフ024
教授 診療副部長
総合周産期母子医療センター副センター長
新生児学
医事法学
生命倫理学
小児科専門医・指導医
周産期(新生児)専門医
石黒 秋生
(いしぐろ あきお)
小児科スタッフ025
准教授 病棟医長
研究副主任
新生児学
新生児循環生理
小児科専門医・指導医
周産期(新生児)専門医
金井 雅代
(かない まさよ)
小児科スタッフ026
講師 外来医長
教育副主任
新生児学
小児救急集中治療学
小児科専門医・指導医
周産期(新生児)専門医・指導医
臨床研修指導医
PALSインストラクター
NCPRインストラクター
伊藤 加奈子
(いとう かなこ)
小児科スタッフ027
講師 研修医長 小児科学
新生児学
小児科専門医
新生児専門医
佐々木 歩
(ささき あゆみ)
小児科スタッフ029
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
NCPRプロバイダー
PALSプロバイダー
本島 由紀子
(もとじま ゆきこ)
小児科スタッフ030
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
松村 峻
(まつむら しゅん)
小児科スタッフ031
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
岡 俊太郎
(おか しゅんたろう)
小児科スタッフ033
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
芳賀 光洋
(はが みつひろ)
小児科スタッフ033
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
周産期(新生児)専門医
NCPRインストラクター
藤本 健志
(ふじもと たけし)
小児科スタッフ033
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
大島 あゆみ
(おおしま あゆみ)
小児科スタッフ035
助教 小児科学
新生児学
小児科専門医
岩谷 綾香
(いわたに あやか)
小児科スタッフ017
助教 小児科学 PALSプロバイダー
森田 真知子
(もりた まちこ)
小児科スタッフ037
助教 小児科学 BLSプロバイダー
PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
中川 遼太
(なかがわ りょうた)
小児科スタッフ037
助教 小児科学 PALSインストラクター
NCPRインストラクター
佐藤 竜太朗
(さとう りゅうたろう)
小児科スタッフ037
助教 小児科学 PALSプロバイダー
ACLSプロバイダー
別所 晶子
(べっしょ あきこ)
小児科スタッフ038
助教 臨床心理学
子どもの緩和ケア
グリーフケア
臨床心理士
國方 哲也
(くにかた てつや)
小児科スタッフ039
教授(大学病院兼担) 小児科学
新生児学
小児科専門医・指導医
周産期(新生児)専門医
側島 久典
(そばじま ひさのり)
小児科スタッフ023
客員教授 新生児学
周産期精神保健
小児科専門医・指導医
臨床研修指導医講習会講師
修練指導医
斎藤 綾
(さいとう あや)
小児科スタッフ028
非常勤講師 小児科学
新生児学
小児科専門医

小児救急集中治療部門

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
櫻井 叔男
(さくらい よしお)
小児科スタッフ041
教授 小児救命救急センター長
診療副部長
研究副主任
小児救急集中治療学
小児麻酔学
小児科専門医
集中治療医学会専門医
麻酔科学会専門医
PALSインストラクター
長田 浩平
(おさだ こうへい)
小児科スタッフ042
講師 救急集中治療学
災害医療
小児科専門医
災害時小児周産期リエゾン
PALSインストラクター
小林 信吾
(こばやし しんご)
小児科スタッフ043
助教 病棟医長 小児科一般
救急集中治療学
小児科専門医
PALSプロバイダー
板倉 隆太
(いたくら りゅうた)
小児科スタッフ044
助教 小児救急集中治療学 小児科専門医
PALSプロバイダー
宮本 和
(みやもと あい)
小児科スタッフ045
助教 小児救急集中治療学 小児科専門医
PALSプロバイダー
河野 彬子
(かわの あきこ)
小児科スタッフ046
助教 小児科学 小児科専門医
PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
坂本 航
(さかもと わたる)
小児科スタッフ036
助教 小児科学 PALSプロバイダー
ACLSプロバイダー
内田 悠太
(うちだ ゆうた)
小児科スタッフ047
助教 小児科学 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
足立 智子
(あだち ともこ)
小児科スタッフ048
助教(国際医療センター兼担) 小児科学
成人/小児救急集中治療学
PALSプロバイダー

小児循環器部門

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
増谷 聡
(ますたに さとし)
小児科スタッフ049
准教授 診療副部長
外来医長
研究副主任
小児循環器学
循環動態・心不全
小児科専門医
小児循環器学会専門医
抗加齢医学会専門医
アメリカ心臓病協会特別会員(FAHA)
日本心臓病学会特別会員(FJCC)
臨床研修指導医
石戸 博隆
(いしど ひろたか)
小児科スタッフ050
講師 外来医長 小児循環器学
先天性心疾患胎児診断
小児科専門医・指導医
小児循環器学会専門医
胎児心エコー認証医
PALSインストラクター
岩本 洋一
(いわもと よういち)
小児科スタッフ051
講師 病棟医長
研修医長
教育副主任
小児循環器学
小児心血管MRI
小児科専門医・指導医
小児循環器学会専門医
簗 明子
(やな あきこ)
小児科スタッフ052
非常勤医師 小児循環器学 小児科専門医

研究部門

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
難波 文彦
(なんば ふみひこ)
小児科スタッフ053
准教授 研究主任 周産期学
新生児学
呼吸器学
小児科専門医
医学博士
Mohamed Hamed
(もはめど はめど)
小児科スタッフ054
特任講師 研究副主任 小児科学
新生児学
小児外科学
医学博士(小児科/小児外科)
NCPRインストラクター
新井 幸男
(あらい ゆきお)
小児科スタッフ055
非常勤講師 小児科学
田中 広輔
(たなか こうすけ)
小児科スタッフ056
非常勤医師 新生児学 小児科専門医

外来担当医表

小児科
  月曜日
Monday
火曜日
Tuesday
水曜日
Wednesday
木曜日
Thursday
金曜日
Friday
土曜日
Saturday
午前
1(赤)
小牧 健
(Komaki Takeshi)
(予約のみ)
奈倉 道明
(Nagura Michiaki)
(予約のみ)
森脇 浩一
(Moriwaki Kouichi)
(予約外・初診)
荒川 浩
(Arakawa Hiroshi)
(予約のみ)
百瀬 太一
(Momose Taichi)
(予約のみ)
当番医
2(桃)
荒川 浩
(Arakawa Hiroshi)
(予約外・初診)
百瀬 太一
(Momose Taichi)
(予約外・初診
布施 至堂
(Fuse Michitaka)
(予約外・初診)
谷川 祥陽
(Tanikawa Shouyou)
(予約外・初診)
森脇 浩一
(Moriwaki Kouichi)
(予約外・初診)
当番医
3(青)
高田 栄子
(Takada Eiko)
(予約のみ)
布施 至堂
(Fuse Michitaka)
(予約のみ)
奈倉 道明
(Nagura Michiaki)
(予約のみ)
猪野 直美
(Ino Naomi)
(予約のみ)
高田 栄子
(Takada Eiko)
(予約のみ)
当番医
4(緑)
猪野 直美
(Ino Naomi)
(予約外・初診)
小牧 健
(Komaki Takeshi)
(予約外・初診)
水田 桂子
(Mizuta Keiko)
(予約のみ)
水田 桂子
(Mizuta Keiko)
(予約のみ)
山﨑 崇志
(Yamazaki Takashi)
(予約のみ)

5(黄)
谷川 祥陽
(Tanikawa Shouyou)
(予約のみ)

田中 理沙
(Tanaka Risa)
(予約のみ)
小牧 健
(Komaki Takeshi)
(予約外・初診)
小牧 健
(Komaki Takeshi)
(予約外・初診)

6






午後
1(赤)
内分泌
荒川 浩
(Arakawa Hiroshi)


内分泌
荒川 浩
(Arakawa Hiroshi)


2(桃)




血液
小牧 健
(Komaki Takeshi)

3(青)

内分泌
谷川 祥陽
(Tanikawa Shouyou)
腎臓
漆原 康子
(Urushihara Yasuko)

神経
高田 栄子
(Takada Eiko)

4(緑)


血液
森脇 浩一
(Moriwaki Kouichi)

免疫
山﨑 崇志
(Yamazaki Takashi)

5(黄)
血液
森脇 浩一
(Moriwaki Kouichi)

在宅
奈須 康子
(Nasu Yasuko)
(月1回)



医療機関の方へ

2018年4月より前任の田村教授から小児科の運営責任者を引き継いだ森脇浩一と申します。

当科の特徴としては、日本一の規模を誇るNICU、まだ希少な小児救命救急センター(PICU)、在宅医療にも取り組む一般小児部門、NICU・PICUと共に重症な心疾患を診る小児循環器部門、医療型障害児入所施設のカルガモの家と、非常に多岐にわたる部門があるということです。臨床部門以外にも研究部門もあります。

田村教授が着任以来、拡充してきた各部門を引き継ぐに当たり、身の引き締まる思いです。医局員も増え、各部門で頑張っておりますが、如何せん業務内容が多岐にわたり、意思疎通が難しくなっている現状があります。その中、お互いが思いやりの心を持って、協働で患者さんにあたっていくことを再確認して、この部門をさらに発展させたいと考えています。この協働は院内の医師の中だけで完結するものではなく、他職種との協働、また他の医療機関の先生、スタッフとの連携も含まれます。そのような考えで医局員を指導していきたいと考えています。

まだまだ至らぬ点が多く、皆様のご指導・ご鞭撻が必要な状態です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

埼玉医科大学バナー 埼玉医科大学看護学校バナー