電話

救急科(ER)

2020年2月06日更新

ご挨拶

救急科(ER)は救急部門の窓口となり、当院各科と連携をとり救急患者さんに対応しております。主な業務は以下のようになります。

  • 救急隊からの要請に応じて救急患者さんをお受けしています。
  • ドクターヘリに搭乗して救急現場にかけつけて医療を行います。
  • 直接来院した救急患者さんに対応しています。
  • 緊急性と重症度が非常に高いと判断された患者さんは高度救命救急センターの医師とともに治療を行います。

診療内容

  1. 救急科(ER)担当医師が最初に診療(初療)を行います。
    主に外傷を担当しております。内科系の病気については内科と連携して診療を行います。
  2. 全身の診察や必要な検査を総合的に行います。
  3. 初療後に専門診療科の診療が必要な時は引き続き各診療科が診療を担当します。
  4. 初療後に入院が必要な時は専門診療科(高度救命救急センター含む)が入院後の診療を担当します。
  5. 救急診療後は患者さんの希望に応じ、かかりつけ医や自宅の近くの病院へ紹介します。

当科の診療について

 救急科(ER)は救急の窓口となり、当院各科と連携をとり救急患者さんに対応しております。
実際の業務は以下の通りです。
ドクターヘリに搭乗して救急現場にかけつけて医療を行います。救急隊からの要請に応じて救急患者さんをお受けしています。夜間を中心に、直接来院した救急患者さんに対応しています。緊急性と重症度が非常に高いと判断された患者さんは高度救命救急センターの医師とともに治療を行います。

対象疾患

  • 心肺停止
  • 軽症外傷
  • 重症外傷
  • 多発性外傷
  • 軽症熱傷
  • 重症熱傷
  • 熱中症
  • アナフィラキシーショック
  • 急性薬物中毒
  • 意識障害
  • 皮膚疾患
  • 受傷軟部組織感染症
  • 敗血症
  • 鼻出血等
 

対象となる症状

  • 軽症外傷
  • 重症外傷

診療スタッフ

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
輿水 健治
(こしみずけんじ)
救急科(ER)スタッフ001
教授 運営責任者
診療部長
心肺蘇生
スポーツ救急医学
救急科専門医
麻酔科専門医
久村 正樹
(ひさむら まさき)
救急科(ER)スタッフ002
准教授 研究主任 救急医学
精神医学
救急専門医
精神科専門医・指導医
精神保健指定医
心身医療科専門医
JATECシルバーインストラクター
安藤 陽児
(あんどう ようじ)
救急科(ER)スタッフ003
講師 教育主任 救急医学  航空医療学会認定指導医
救急科専門医
JATECインストラクター
中村 元洋
(なかむら もとひろ)
救急科(ER)スタッフ004
講師 病棟医長 救急医学
麻酔科学
救急専門医
麻酔科指導医
淺野 祥孝
(あさの よしたか)
救急科(ER)スタッフ005
助教 救急医学
小児科学
小児科専門医・認定指導医
麻酔科標榜医
PALSインストラクター
BLSインストラクター
園田 健一郎
(そのだ けんいちろう)
救急科(ER)スタッフ013
助教 救急医学
災害医学
救急専門医
日本DMAT隊員(統括保持者)
ICLSディレクター
MCLS-CBRNEインストラクター
大量殺傷型テロ対応病院コースインストラクター
橋本 昌幸
(はしもと まさゆき)
救急科(ER)スタッフ006
助教 外来医長 救急医学 救急専門医
外科学会専門医
重松 咲智子
(しげまつ さちこ)
救急科(ER)スタッフ007
助教 救急医学 ACLSプロバイダー
JATECプロバイダー
FCCSプロバイダー
PEECプロバイダー
安齋 勝人
(あんざい まさと)
救急科(ER)スタッフ008
救急救命士 救急現場
蘇生普及
JPTECインストラクター
MCLSインストラクター
ICLSインストラクター
清水 敬樹
(しみず けいき)
救急科(ER)スタッフ010
非常勤医師 ECMO (Respiratory ECMO, ECMO transport)
広範囲熱傷
母体救命
日本救急医学会指導医・専門医
日本集中治療医学会専門医
日本外傷学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本蘇生学会指導医
遠井 敬大
(とおい たかひろ)
救急科(ER)スタッフ010
非常勤医師 家庭医療
総合診療
救急医学
家庭医療専門医・指導医
奈倉 武郎
(なぐら たけお)
救急科(ER)スタッフ011
非常勤医師 救急医学
集中治療学
麻酔科学
麻酔科専門医・指導医
濱口 純
(はまぐち じゅん)
救急科(ER)スタッフ012
非常勤医師 救急医学
集中治療学
内科科学
救急科専門医
認定内科医
認定産業医
光銭 大裕
(こうせん だいゆう)
救急科(ER)スタッフ014
非常勤医師 救急医学
集中治療学
中村 倫太郎
(なかむら りんたろう)
救急科(ER)スタッフ015
非常勤医師 救急医学
麻酔科学
杉浦 潤
(すぎうら じゅん)
救急科(ER)スタッフ015
非常勤医師 救急医学
集中治療学
救急専門医
集中治療専門医
JATECインストラクター
田口 博一
(たぐち ひろかず)
救急科(ER)スタッフ015
非常勤医師 救急医学
研修医教育

外来担当医表

救急科(ER)
  月曜日
Monday
火曜日
Tuesday
水曜日
Wednesday
木曜日
Thursday
金曜日
Friday
土曜日
Saturday

医療機関の方へ

埼玉医科大学総合医療センター救急科(ER)は高度救命救急センターの窓口として3次医療の初療を担当し、また、外因性、内因性の1次、2次診療を行います。疾患は肘内障から多発外傷まで多岐に渡るのが特徴です。同時に埼玉県ドクターヘリ事業の基地病院でもあります。

年間のおおよその救急車受け入れ台数は6000台、ウォークインでの時間外救急患者数(救急科対応のみ)が4000名、救命センター入院患者総数1300名(外傷40%)、ドクターヘリ出動回数が600回弱となっています。

高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、小児集中治療室(PICU)、ドクターヘリを有しおよそ全ての救急に対応できると考えています。

主たる業務は、救急患者の初療、ドクターヘリ、ICU退室後の患者の病棟管理、院内急変への対応他です。無茶修行をしにきませんか? 勤務期間・内容はできるだけ希望に沿う形としたいと思います。期間中に日本最大級のICU・最新のPICUでの研修を入れることも可能です。

埼玉県の救急医療の中心的役割を果たすべく、日々努力しているところです。
そのために、若い力(自称を含む)が更に必要です。
 集まれ!!!

埼玉医科大学バナー 埼玉医科大学看護学校バナー