電話

整形外科

2019年5月27日更新

ご挨拶

整形外科は、四肢、脊椎の運動障害、痛みなどを扱う診療科です。労働、学習、趣味などの活動では、移動することや手足の動きは重要な働きをします。生き甲斐や人生の質(Quality of Life)を考えると、生命の尊厳と同様に運動機能は重要な意味を持ちます。膝が痛くて旅行に行けない・スポーツができない、手が麻痺して箸で食事がとれない・字が上手に書けない、足が麻痺して思うように歩けない、坐骨神経痛のために仕事に出かけられないなどの障害は患者の皆様方には重大な問題であり、これらを改善できないことは社会的にも大きな損失です。このような方々の診療を行うのが整形外科です。

現在の医学レベルでは、患者の皆様の期待通りの成績は必ずしも達成されていません。当科では、現状の診療実績の情報提供と、その中でできる最善の治療ができるよう努力しています。外来診療においては、痛みは患者さん自身にしか分からないということが重要です。どこが、どのように痛いのかを患者さん御自身でお伝え頂く必要がありますし、治療効果の判断にも患者さん御自身に関与して頂く必要があります。大学病院としての難易度の高い診療に対応する必要がありますので、手術適応のない疾患、近隣の医療機関と差のない疾患については近隣での治療をお願いすることが多いことを御理解下さい。また、ほとんどの整形外科領域をカバーしておりますが、腫瘍に関しては埼玉医大国際医療センター骨軟部腫瘍科で治療をお願いする場合があります。

手術に関しても成績の向上や安全性の向上に努力しております。しかしながら、全ての医療介入はリスクも伴います。高いレベルの医療を提供できることを目標にしてはおりますが、患者様の期待と実現可能な診療とのずれが生じないような診療の提供を心がけておりますので、十分な御理解の上、手術を選択されるようにお願いいたします。

当科の診療について

整形外科は、四肢の運動器と脊柱など広範囲にわたる領域の外傷や、加齢による変性疾患を主に取り扱い、運動器の機能再建を主目標としています。
 一般外来ではどの医師も同様に診療できますが、より専門性の高い症例ではそれぞれの専門外来に受診していただくこともあります。

脊椎外来(火・金曜日)
脊椎は頭や体を支えているだけでなく、脊髄という運動や感覚をつかさどる神経の保護も担っています。症状の原因を外来診療でよく見極め、適切のタイミングで手術を行っています。内視鏡手術は当院では行っておりません。頸椎捻挫(むち打ち症)など手術適応にならない場合は、近隣の診療所などでの治療をお願いすることもあります。
スポーツ膝外来(月・火曜日)
膝の外傷・疾患、スポーツ障害全般を扱っております。手術は関節鏡を用いた手術が多く、また変形性膝関節症に対する骨切り術や人工膝関節手術、自家骨軟骨移植術なども手がけております。スポーツ障害に対して原因を見極めた後、多くの場合関連施設であるかわごえクリニックスポーツ整形外科のリハビリテーションで対応しています。
肩肘関節外来(月・水曜日)
肩、肘関節周囲の外傷・変性疾患、スポーツ障害、などを全般的に扱っております。
 肩肘の痛みはその関節だけの問題とは限らず、全身のコンディショニングが必要なことも多く、リハビリスタッフとも密な関係を保ち、理学療法を中心とした保存療法を行っております。手術が必要な場合も多くは、負担の少ない関節鏡手術が対応可能です。また高齢者の変形性関節症に対する人工肩関節置換術も施行しており、お子様からスポーツ選手、お年寄りまであらゆる年代、疾患に対し、ベストな治療を提供いたします。
股関節、人工関節外来(月・水曜日)
関節の痛みに悩む患者様や、他院で人工関節置換術をすすめられたが他の医師の意見を求めたい患者様などを対象としております。
 下肢人工関節(股関節、膝関節)を中心に行っておりますが、人工関節にしなくても済むような関節に対しては、骨切り術なども行っております。
手外科外来(火曜日)
現在、都合により休診とさせて頂いております。受診希望の患者さんにはご不便をおかけしてしまい大変申し訳ありません。
小児整形(月一回火曜日)
小児整形は、経験豊かな非常勤医師を招聘し、月二回診療を行っております。診療日はお電話でご確認ください。

対象疾患

  • 頸椎症性脊髄症
  • 頸椎後縦靭帯骨化症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 胸椎黄色靭帯骨化症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 関節リウマチによる脊柱変形
  • 化膿性脊椎炎
  • 膝前十字靭帯損傷
  • 膝半月板損傷
  • 膝蓋骨脱臼
  • 肩関節脱臼
  • 肩腱板損傷
  • 野球肘
  • 肘離断性骨軟骨炎
  • 変形性股関節症、変形性膝関節症
  • 変形性肩関節症
  • 変形性足関節症
  • 関節リウマチにより関節変形
  • 手指屈筋腱損傷
  • 手指伸筋腱損傷
  • 手根管症候群
  • 肘部管症候群
  • 弾発指(ばね指)
  • キーンベック病
  • デュピュイトラン拘縮
  • 三角線維軟骨複合靭帯損傷
  • 骨折
  • 脱臼
  • 筋・腱損傷
 

対象となる症状

  • 手のしびれ
  • 手の痛み
  • 足のしびれ
  • 足の痛み
  • 肩の痛み
  • 肘の痛み
  • 手首の痛み
  • 指のしびれ
  • 指の痛み
  • 股関節の痛み
  • 臀部の痛み
  • 膝の痛み
  • 足首の痛み
  • 指の変形
  • 趾の変形
  • 歩くときにふらつく
  • 長い距離を歩けない
  • 手足が動かしにくい
  • 上肢しびれ・疼痛
  • 下肢しびれ・疼痛
  • 肩関節痛
  • 肘関節痛
  • 手関節痛
  • 股関節痛
  • 臀部痛
  • 膝関節痛
  • 足関節痛
  • 手指変形
  • 足趾変形
  • 歩行障害
  • 間欠性跛行
  • 四肢運動障害
  • 手指巧緻性障害
 

診療実績

2017年 入院
疾患名症例数
入院患者数 805人
手術総件数 992件
主な疾患別手術件数
脊椎脊髄疾患
頸椎椎弓形成 30件
腰椎椎弓切除、固定術 84件
人工関節
人工股関節置換術 106件
人工膝関節置換術 76件
人工肩関節置換術 13件
関節鏡手術
膝前十字靭帯再建術 43件
膝半月切除、縫合術 25件
股関節鏡手術 1件
肩腱板修復術 70件
肩関節脱臼 17件
肩関節拘縮受動術 10件
膝関節高位脛骨骨切り術 5件
2017年 外来
疾患名症例数
外来総患者数(延べ)28,008人

診療スタッフ

氏名 資格 職位 専門分野 認定資格
税田 和夫
(さいた かずお)
整形外科スタッフ001
教授 診療部長
教育副主任
研究副主任
脊椎外科
骨粗鬆症
整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄外科学会指導医
星川 淳人
(ほしかわ あつと)
整形外科スタッフ002
講師 副診療部長 膝関節外科
スポーツ医学
整形外科学会専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
荻原 哲
(おぎはら さとし)
整形外科スタッフ003
講師 研究主任
外来医長
脊椎外科
感染制御
整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
中曽根 功
(なかそね いさお)
整形外科スタッフ004
講師 教育主任 股関節外科
膝関節外科
リウマチ外科
整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ医
中村 春彦
(なかむら はるひこ)
整形外科スタッフ010
講師 膝関節外科
スポーツ医学
整形外科学会専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
武井 良太
(たけい りょうた)
整形外科スタッフ010
助教 病棟医長 関節外科
スポーツ整形外科
整形外科専門医
池宗 慧
(いけむね さとし)
整形外科スタッフ010
助教
井上 良輔
(いのうえ りょうすけ)
整形外科スタッフ010
助教 関節外科
スポーツ整形外科
整形外科専門医
島田 憲明
(しまだ のりあき)
整形外科スタッフ008
助教 肩関節外科
肘関節外科
スポーツ整形外科
整形外科専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
義肢装具等適合判定医師
身体障害者福祉法第15条指定医
田沼 優一
(たぬま ゆういち)
整形外科スタッフ001
助教 股関節外科
膝関節外科
整形外科専門医
野村 英介
(のむら えいすけ)
整形外科スタッフ005
助教 手・肘関節外科 整形外科専門医
伊藤 順一
(いとう じゅんいち)
整形外科スタッフ013
非常勤講師 小児整形外科 整形外科専門医
三上 千衣子
(みかみ ちえこ)
整形外科スタッフ013
非常勤医 一般整形

外来担当医表

整形外科
  月曜日
Monday
火曜日
Tuesday
水曜日
Wednesday
木曜日
Thursday
金曜日
Friday
土曜日
Saturday
午前 一般外来
1前
高村 一豊
(Takamura Kazutoyo)





1
肩・肘専門外来
島田 憲明
(Shimada Noriaki)
佐藤 慧
(Sato Kei)
西村 圭司
(Nishimura Keiji)
小林 史明
(Kobayashi Fumiaki)
丸 峻典
(Maru Takanori)
黒畑 順子
(Kurohata Junko)
(月1回)
2
中村 春彦
(Nakamura Haruhiko)
税田 和夫
(Saita Kazuo)
(予約再診のみ)
田沼 優一
(Tanuma Yuuichi)
市川 頼子
(Ichikawa Yoriko)
税田 和夫
(Saita Kazuo)
交替制
3
武井 良太
(Takei Ryouta)
荻原 哲
(Ogihara Satoshi)
島田 憲明
(Shimada Noriaki)
酒枝 和俊
(Sakaeda Kazutoshi)
池宗 慧
(Ikemune Satoshi)
4
中曽根 功
(Nakasone Isao)
井上 良輔
(Inoue Ryousuke)
深堀 賢斗
(Fukahori Kento)
金澤 貴仁
(Kanazawa
Takahito)
武井 良太
(Takei Ryouta)
増田 隆三
(Masuda Ryuzou)
(月2回)
5
星川 淳人
(Hoshikawa Atsuto)
小児整形
(月2回)
伊藤 順一
(Itou Jyunichi)
山下 哲
(Yamashita Tetsu)



6


林 進
(Hayashi Susumu)



午後 専門外来・予約制

人工関節
(毎週)
中曽根 功
(Nakasone Isao)
田沼 優一
(Tanuma Yuuichi)
石上 浩庸(1.3週)
(Ishigami Hironobu)
(金澤貴仁)
(Kabazawa Takahito)
(1.3週)
スポーツ膝
(毎週)
中村 春彦
(Nakamura Haruhiko)
肩関節
(毎週)
島田 憲明
(Shimada Noriaki)
脊椎外来
(毎週)
荻原 哲
(Ogihara Satoshi)
脊椎外来
(毎週)
税田 和夫
(Saita Kazuo)


スポーツ膝
(毎週)
中村 春彦
(Nakamura Haruhiko)
脊椎外来
(毎週)
荻原 哲
(Ogihara Satoshi)
人工関節
(毎週)
中曽根 功
(Nakasone Isao)
田沼 優一
小林 陽介
(Kobayashi
Yousuke)
(月1回)
スポーツ膝
(毎週)
中村 春彦
(Nakamura
Haruhiko)




スポーツ膝
(毎週)
星川 淳人
(Hoshikawa Atsuto)



専門外来は予約が必要です。先ず月~土曜午前の一般外来を受診していただき、
必要に応じて外来担当医師が予約いたします。

医療機関の方へ

一般外来は、月曜日から金曜日の午前中に行っております。午後の専門診は完全予約制であり、必要に応じて担当医から診療依頼を出しますので、まずは午前中の一般外来にご紹介をお願いいたします。

ご紹介の際には、できる限り画像データや検査結果などを添付していただけますよう、宜しくお願いいたします。

土曜日は交替制の外来となりますので、急を要する場合を除いては原則的に紹介はお受けしておりません。

できる限りご紹介を受け入れるよう努力はしておりますが、骨軟部腫瘍や多発外傷・重症外傷など、症例によってはお受けできないものもあります。その際は埼玉医科大学国際医療センター骨軟部腫瘍科や、当院内の救命救急センター外傷班へお願いすることがあります。

セカンドオピニオンの受付
ご相談される内容や経緯、相談したい担当医をあらかじめご連絡ください。予約制(30分単位)となりますので、日時に関してはその際に指定させていただきます。
外来診療全般に対するお問い合わせ先
整形外科外来 Tel:049-228-3626
(お問い合わせのお電話は、緊急の要件を除き14時以降にお願いいたします)

当科では随時医局員を募集しております。

後期研修医(専修医)はもちろん、専門医の方でも興味を持っていただいた先生はぜひ一度見学にお越しください。心より歓迎いたします。

各専門診は質の高い医療を実践しておりますので、きっと先生方のお役に立てることと思います。短期の在籍でもけっこうですので、どうぞ宜しくお願いいたします。

埼玉医科大学バナー 埼玉医科大学看護学校バナー