電話

遺伝相談室

2018年11月11日更新

 

ご挨拶

埼玉医科大学総合医療センターの遺伝相談室は、平成30年3月に開設された新しい患者さん相談室です。遺伝相談室は、患者さんの診療上で必要とする臨床遺伝疾患に関する診療を倫理的、法的かつ社会的問題への十分な配慮の下、正確な遺伝的情報・科学的に基づき、日本医学会ガイドライン「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」を遵守して、遺伝カウンセリング、遺伝子検査(遺伝学的検査)等、遺伝性疾患などに関する支援を図り、もって当院の診療、教育および研究の質の向上に寄与することを目的に開設しました。

当科の診療について

相談室の診療について

  1. 遺伝性疾患などに係わる患者およびその家族への遺伝カウンセリング
  2. 遺伝性疾患などの診療
  3. 遺伝性疾患などの診断および治療に係わる情報提供
  4. 遺伝性疾患などに係わる臨床教育および研究ならびにその啓発活動
  5. 支援組織などの民間サービスに係わる情報提供
  6. その他、臨床遺伝子医療

対象疾患・対象となる症状

当相談室では、主に3つの遺伝性疾患などの診療を行って行く予定です。

1) 遺伝性腫瘍相談
リンチ症候群、家族性大腸腺腫症(ポリポーシス)、遺伝性乳癌・卵巣癌症候群、Cowden病、Peutz-Jeghers症候群、Li-Fraumeni症候群など
2) 出生前診断
クアトロテスト、羊水染色体検査、羊水遺伝子検査、精密胎児超音波検査
胎児形態異常や胎児先天性疾患、前児の疾患(ダウン症候群、筋ジストロフィー、骨形成不全症など)に対する次子再発など
不育症(夫婦染色体異常に対する着床前診断のセカンドオピニオン)にも対応
3) 遺伝性難病相談(難病相談室との連携)

ご相談希望の方へ

  • 現在、当相談室は予約制としております。
  • 患者支援室(医務課担当)において予約を受け賜っております。
    ご相談ください。
 

診療実績

2017年度 遺伝カウンセリング件数

産科領域
産科領域 40(内不育症に関するカウンセリング10)
出生前検査内訳 66(羊水染色体検査50、クアトロテスト16)
腫瘍領域
遺伝性乳がん 82
遺伝性大腸がん 79

診療スタッフ

遺伝相談室 氏名 所属
室長 野村 恭一
(のむら きょういち)
神経内科 教授
副室長 石田 秀行
(いしだ ひでゆき)
消化管・一般外科 教授
遺伝性疾患などの診療に携わる医師 矢形 寛
(やがた ひろし)
ブレストケア科 教授
高井 泰
(たかい やすし)
産婦人科 教授
高田 栄子
(たかだ えいこ)
小児科 助教
病理部 田丸 淳一
(たまる じゅんいち)
病理部 教授
認定遺伝カウンセラー 構 奈央
(かまえ なお)
遺伝相談室
看護師 看護師 看護部 看護師長
薬剤師 長谷川 まゆみ
(はせがわ まゆみ)
薬剤部
ソーシャルワーカー 社会福祉士 医務課 医療福祉相談室
管理栄養士 横田 稚子
(よこた わかこ)
栄養部
医務課職員 医務課職員 事務部医務課
難病支援相談室
臨床検査技師 吉元 美知子 技師長
(よしもと みちこ)
中央検査部 部長

外来担当医表

遺伝相談室
  月曜日
Monday
火曜日
Tuesday
水曜日
Wednesday
木曜日
Thursday
金曜日
Friday
土曜日
Saturday

医療機関の方へ

他医療機関からの紹介について

  • できましたら診療情報提供書を記載していただけますと幸いです。
  • 外来診療は全例、予約制です。患者支援室で予約しております。
埼玉医科大学バナー 埼玉医科大学看護学校バナー